2017年3月27日月曜日

お姫様を助けるのは誰だ Der Verzauberte Turm


<準備>

箱を開けてゲームボード類を取ると、黒いプラスチックの台が見えます。
丸いのはカギを隠す穴、六角形の塔は台にしっかり固定できる。


塔を台に固定して、お姫様をセット。
最後にゲームボードを上からかぶせて完了。

扇形のボード


扇形のボードを、塔の反対側の角に合わせて置く。

<遊び方>

「赤(勇者)」と「青(悪い魔法使い)」の2チームに分かれます。
チーム内で順番に交替して遊ぶので、実質2人用と言ってもいいかも。
ダイスでコマを移動させて、相手チームより先に、隠されたカギを見付けるのが目的です。

カギ隠しと初期配置

1.悪い魔法使い(青コマ)を扇形のボードの星印のマスに置く。

2.悪い魔法使いはカギを隠します。その間、勇者は目をつぶります。


ボードの丸いチップをどかすと穴が空いてるので、どこかの穴に隠して元通りフタをする。

3.勇者のスタート地点は4箇所あるので、好きなところに置く。

扇形のボード星印が悪い魔法使いで、メインボード角の中に
黒点のあるマスが勇者を置けるスタート地点(4箇所)

 ダイスと移動 


ダイスは2種類。勇者は数字ダイス、魔法使いはアイコンのダイスを持ち、両者が同時に振る。その後移動。
写真で言うと、アイコンが出た赤い勇者が赤い数字分(2歩)移動→アイコンが出なかった青い魔法使いが青い数字分(2歩)移動。
両者が移動したら、再びサイコロを振る。この繰り返し。


丸いチップのマスを通過する際、中に鍵が入っていれば「カチッ」と音がして鍵があることがわかるので、鍵を取り出す。(コマに磁石が仕込まれてる。)
カギを取り出したら、フタは裏返しにして元の場所に置きます。


黒ヒゲ

鍵を取ったら即座に6箇所ある鍵穴の一つを選び、カギを刺します
何も起きない(ハズレ)なら、「カギ隠しと初期配置」からやりなおします。
なお、悪い魔法使いは、同じ場所にカギを隠すことはできません。(フタが裏返しになっている場所)

お姫様がジャンプした!


カギを刺した方のチームの勝ちです。
当たりの鍵穴は固定なので、また遊ぶときは、本体ごとくるくる回して再セットです。

<感想>

親としては必然的に悪者役が回ってきます・・・ので、勇者役として相手の先を読んだ動きは楽しめていません。
魔法使いがどこに行こうとしているのか、勇者(5歳)にはよくわからないようで、大抵は適当にうろうろする勇者にしびれを切らした魔法使いが勝ってしまいますw
役割逆の方が互いに楽しめそうなだけに、残念。
とはいえ、娘は気に入っています。
もうお姫様がいるってのと、黒ヒゲの勝利ですねこれは。

(2017.3追記)
娘が悪い魔法使いの役を引き受けてくれたので、勇者側で遊んでみました。
予想が必要な勇者を大人、カギを隠せる魔法使い役を子供が担った方が全然面白かったです。魔法使いがブラフを打たずにまっすぐカギに向かっても、勇者より先にカギに辿り着けたりするので、迫る勇者をかいくぐる的なスリルを感じて貰えます。
娘も楽しかったようで、ずっと魔法使い役のまま5~6回続けて遊びました。
(実質)2人で遊ぶゲームとしてダントツに面白いですねこれ。
もういい年なので、色々駒を動かしているうちに、せっかくカギを取っても忘れて同じ場所に刺したりと、情けないプレイもあって、勝率も五分五分といったところ。

0 件のコメント:

コメントを投稿