2016年3月20日日曜日

レシピ Recipe

ボードゲーム/レシピ Recipe


・隠し持ったレシピの通りに食材カードをそろえる
・2人~4人
・4歳以上
・必要スペース 畳半畳

<内容物>

全てカードです。質感は「ペンギンパーティー」の感じです。つるつるぺたぺたのビニールコート。
子供向けらしく、すべてひらがな・カタカナ表記。


・キッチンカウンター(4人分)

レシピ Recipe (キッチンカウンター)

各自、箱と同じサイズのカード3枚を組み合わせてカウンターを作ります。
組み合わせる辺に色丸で印が付いているので、それを合わせます。
揃った食材カードを置く場所です(薄く色が付いています)。

・レシピカード(8枚)

レシピ Recipe (レシピカード)

チーズハンバーグ、スパゲティナポリタン、カレーライス、すぶた、オムライス、ぎょうざ、にくじゃが、てんどんがあります。下半分には集める食材が6個。

このゲームは他にも「わしょく」や「ワールド」バージョンがあって、遊び方は同じですが、このレシピカードが違います。

レシピ Recipe (わしょく)レシピ Recipe (わしょくレシピカード)
(同じく「わしょく」版レシピのセット。同じゲームだが、娘が気に入ったので、我が家には2セットある。レシピカードは親子丼、ちらし寿司、鍋焼きうどん、おでん、茶碗蒸し、すき焼き、鮭のホイル焼き、豚汁が入ってます。

(2016年1月、とうとう3つ目の「ワールド」版を買わされてしまった。マカロニグラタン、えびシュウマイ、ボルシチ、パエリア、チキンフォー、ケバブ、タコス、マルゲリータ。ケバブの材料にキュウリとかヨーグルトとか使うんだとかちょっと驚き。)


裏面はバージョンに関わらず共通の絵柄。混ぜて遊ぶこともできます。

レシピ Recipe (レシピカード裏面)

表を見ないで各自1枚ずつ取り、他の人に見えないように手札にします。

・食材カード(48枚)

レシピ Recipe (食材カード)

33種類の食材。だいたい1枚ずつですが、食材によっては複数枚あります。
よくシャッフルして各自6枚ずつ取り、他の人に見えないように手札にします。
これもバージョンごとに内容は違うけど、裏面は同じなので一応混ぜて遊べます。


手札の中に、レシピカードが要求する食材カードがあれば、キッチンカウンターの上へ、裏向きに置きます。置く位置はどこでも構いません。該当する食材は全部置いて下さい。

レシピ Recipe (1枚揃った)

これで準備完了。


<遊び方>

最初に配られたレシピカード。


レシピ Recipe (レシピカード/すぶた)

このレシピに書かれた食材カードを6枚集めたら勝ちです。こんな風に。

レシピ Recipe 食材6種揃えた

ゲーム中は食材カードは裏返しに置きますので、レシピカードの配置通りに、「ぶたにく」なら左上、「たまねぎ」なら真ん中の上段、という風に対応させて食材カードを置くと、裏向きに置いたカードが何だったのか忘れても大丈夫です。

では、最初に戻って説明。


1枚捨てて1枚取る

手番になったら、手札からいらない食材を1枚表向きに捨てて、山札から食材を1枚仕入れます。
捨てるのが先です。捨て札は、全員分を1箇所に重ねて置きます。

レシピ Recipe 捨て札に「なすび」

仕入れた食材がレシピに書かれた食材ならキッチンカウンターに置き、そうでなければ手札に加えます。(手札とキッチンカウンターに置いた食材カードは、常に合計6枚

そして次の人の番。この繰り返しです。


捨て札から取る

欲しい食材が捨てられた場合は、順番に関係なく、「レシピ」と宣言すれば、そのカードを貰うことができます。割と1枚こっきりの食材が多いので、気を付けて見ていないと勝てなくなってしまいますので注意。
レシピ Recipe 捨て札から取る

「レシピ」の宣言があったら、手番の人が残りの処理(山札から1枚取るなど)を終えてから、宣言した人に手番を移します。
捨札からカードを拾ってキッチンカウンターに置いた後、手札から1枚捨てるのを忘れずに。

処理が終われば、「レシピ」と宣言した人の次の番から再開となります。


5枚揃ったら/6枚全部揃ったら

こうして5枚揃ったら「ごはんですよ!」と宣言、6枚全部揃えば「できあがり!」と宣言して勝ちとなります。キッチンカウンターの食材カードとレシピを公開して全員で確認します。

レシピ Recipe 「できあがり!」

<感想😄>

ほとんど運だけの勝負ですね。
レシピが非公開なので、やり込んだ人は、どのレシピがあって、どの食材が欲しいのかわかりますが、一見さんには無理。
また、揃ったカードも裏返し、「レシピ」で取ったカードから推測できる程度です。
配置は自由なので当てになりませんしね。
頑張ればある程度は手を読んでライバルの進行を遅らせることはできますが、「先に捨ててから1枚取る」というのも効いていて、手札が残り1枚になると、危険牌とわかっていても捨てるしかない状態

でも食材を揃える楽しさはあります。
テーマが良いのでしょう。これが例えば「車のパーツを集める」とかだとどうかな・・・
娘も妻も気に入りました。
特に娘は何回も遊びたがり、我が家の新定番となりそうです。

手加減は難しいですが、欲しいカードを独り言でつぶやいてみたり・・・w

2017年1月追記
お正月にワールド版を購入。その足で親戚の集いへ。
おもむろに取り出したところ、小学校低学年の女の子2人ともこのゲームを知っていて、しかも食いつきが非常によろしい。
年少の子は親がサポートしつつ、娘含め4人で何度も楽しく遊ばれていました。

2017年4月追記
シリーズ第4弾「みんなのレシピ」が発売されたので買ってしまいました。
今回は人気料理編。


レシピカードは、おこのみやき、エビチリ、チーズグラタン、ポテトコロッケ、クリームシチュー、からあげ、チンジャオロース、ラーメンの8種類。
さらに限定レアカードとしてアップルパイも入ってました。

遊び方はどのシリーズでも全く同じなので、好きな料理の入ってるセットを買うのがよいと思います。
6歳間近の今でも、娘はこのゲームが好きです。
ああそれと、今回の人気料理編は外箱の底面(裏側)にレシピカードの一覧が描かれています。これは良い改良。既存のシリーズも版が新しくなったらぜひそうして欲しいですね。←ほぼ同時期にリニューアルされたようで、現在はどのシリーズでもレシピカードの一覧が裏面に書かれています。やったね。

おまけ

2歳の甥っ子が来た時に遊んでいたら、ふらふらーっと近づかれて、おもむろにガブリと。

レシピ Recipe 噛まれた

レシピカードにしっかりと歯形がw そんなに豚汁食べたかったのか・・・

レシピ Recipe 噛まれた

たいした被害じゃ無くて良かった。
子供の性格にもよりますが、ボードゲームは知性のかけらが宿り始める3歳頃から始めるのが良さそうですね。

0 件のコメント:

コメントを投稿