2015年12月27日日曜日

窓拭き職人 Meister Scheibenkleister

窓拭き職人 Meister Scheibenkleister

・カードに描かれた四角と同じサイズの窓を早い者勝ちで探す
・2人以上
・必要スペース:40センチ四方
・5歳以上。3歳でもイケるかな。
・所要時間:10分位

クリスマスにサンタが届けてくれました。

<内容物と準備>

コマ(6個)

窓拭き職人(コマ)

好きな色のコマを1つずつ取ります。

ボード(6枚)

窓拭き職人(ボード)

ビルに見立てたボードには35枚の窓が描かれています。
こんな感じで適当に並べます。

お題カード(35枚)

35枚の窓に対応したお題カードが35枚。
表は、ボードの窓と同じ絵が同じサイズで描かれています。こちらは”お題”に対する”解答”です。
一部紹介。

窓拭き職人(お題カード)

写真のカードを裏返すとこうなります。
ボードの窓と同じ大きさで窓枠の形だけ描かれていて、こちらが”お題”となります。

窓拭き職人(お題カード)

どうです?区別つきにくいでしょ。
お題カードはシャッフルしてお題の面を上にして山にします。

<遊び方>

お題を出す

お題の山から一番下のカードを1枚取り出します。
これがお題となります。


コマを置く

お題と同じサイズの窓をボードから探して、早い者勝ちでコマを置きます。

1つの窓には駒は2つまで(2人で遊ぶときは1つの窓に1つまで)置けます。

窓拭き職人(コマを置く)

解答

全員が置いたら、お題カードをめくって答え合わせ。

窓拭き職人(解答を確認)

当たった人は、そのお題カードを貰えます。
2人当たってたら、山の一番下からお題カードを抜いて、その”答え”を見ずに貰います。

貰ったカードはお題の面を上にして手元に置きます。

ゲーム終了

山が最後の1枚になったらゲーム終了。
(つまり、上から2枚目のお題カードが最後の”お題”となります)
一番カードを集めた人が勝ち。


<感想>

写真を見ての通り、似たような大きさの窓がいっぱいで、結構間違えます
狙ってた窓が早々に取られて、しかたなく選んだ窓が当たりだったり、誰も駒を置かなかった窓が当たってたり。じっくり見ても間違えるレベルなので、結構子供にもやられることがあります。

窓拭き職人(プレイ風景)

ルールが簡単で、イラストが可愛らしいのと、大人と子供で一緒に遊べるので、すぐに娘のお気に入りになりました。

ボードゲーム会『魔王」に参加




藤枝のゲーム会、第8回『魔王』に参加しました。
自分にとっては3回目かな。見よ、この満面の笑みをw






「ゲスラブ」

女の子カードの周りに点数カードを置いて、一番高い点数の女の子をゲットした人が勝ち。
ゲーム中に丸いチップを置き、被った時はチップのポイントが高いほうが優先。
写真は終了時で、ゲーム中は基本的に8枚中4枚は裏向きに置きます。
4人で遊んで、2人同時の1位だったかな。



「タイムパイレーツ」

タイム海賊王に俺はなる(ドン)!
タイムパトロールから逃げつつ、「移動」「お宝ゲット」「お宝を売る」のうち2つを実行。
また、他のパイレーツがいない時代にお宝を「補充」すると、上記アクションを3つ実行できるが、タイムパトロールが移動する危険が。
お宝を売ったポイントで勝敗が決まります。
「補充」でタイムパトロールが動く「ポリスチップ」が出ると阿鼻叫喚。
これは5人で始めて、途中で1人(主催者なので忙しそうです)が抜けて、4人で続行。
3番くらいだったかな。




「ブルームサービス」

各地の塔にポーションを届けたり、移動の邪魔をする雲を魔法の杖で取ったりすると勝利ポイントが増える。
ポーションや魔法の杖をもらったり、駒を移動するといった行動はカードで決める。
カードは各人8枚同じものが配られ、そのうち4枚を選び、最初の人が置いたのと同じカードを出す。出せなければパス。
カードには「強気」と「弱気」の2種類の行動があり、「強気」は「弱気」より効果が強い。
ただし、「弱気」はカードを置いた時点で行動できるが、「強気」は自分の後に出したプレイヤーが「強気」で出すと、自分は何も行動できないという縛りが有る。
最後にカードを出した人が次の親になり、全員のカードが無くなったら1ラウンド終了、8ラウンド(だったかな)をやって勝利ポイントの多い人が勝ち。
また、毎ラウンド前に「親は必ず強気で出すこと」などのお題がランダムで出るので、変化のあるゲームが楽しめる。
とまあ、ちょっとルールが複雑で確認しながらのプレイでしたが、とても面白かったです。
ラウンド開始時のカード選択やカードを出す時の読み合いが楽しいですね。
読み切ることは不可能なので、あるていど割り切って煮詰まることはないのも。
2時間近く遊んでたのかな、これ。最後に遊んで、ゲーム会の終了時間ギリギリになってしまいました。外箱が紫っぽい地にハリポタのパチモンみたいなイラストで余り期待してなかった(超失礼)んですが、良い意味で裏切ってくれました。今回やった中ではタイムパイレーツと並んで一番のヒットです。
ゲームの結果は5人中3番。

順位としては大したことないですね。まあどれも初めてですし、ボードゲーム歴も浅いので。
でもまあ、そんなの気にせず遊べるのがいいところです。あっという間の7時間でした。

他に、「テラ」「ギフトラップ」「ペンギンパーティ」「ナインタイル」。(写真がないので割愛)