2017年9月15日金曜日

クロンダイク Klondike


お皿から砂金ボールだけを残して他のボールを落とす。まわりは賭けをする。

♟2001 Kinderspiel Des Jahres 受賞作品

<内容物と準備>

大皿とボール


黄色が砂金、黒と灰色は石コロです。

個人セット


木のボウル、金属の小皿、賭けカードを各自に配ります。
賭けカードは色以外は全員同じで、「0」「1」「2」の3枚です。
先程の砂金を4粒ずつ受け取り、残りの砂金と石コロは黒い袋に入れます。


アライグマ


幸運のアライグマが1匹。誰かが持ちます。

ロープ


テーブルに広げます。
これはボールがテーブルから落ちるのを止めるためのもので、ルール的には意味はありません。


<遊び方>

手番になったら袋からボールを3個取り出します。


何を取ったかで展開が分かれます。
なお、灰色が含まれていたら、アライグマを貰えます。

砂金3つ


2個を自分が取り、残りの1個はアライグマのプレイヤーにあげて手番終了。


石3つ


3つとも石(黒でも灰色でも)だったら、そのまま手番終了。

砂金と石


 石混じりの砂金が出たら砂金取りゲーム開始!

まず、今取ったボールを全部大皿に乗せます。

これからこの大皿を両手で持って上手に揺すり、石コロを落とします。
石コロを全部落としたら、残った砂金を全部貰うことができます。

と、その前に、他のプレイヤーは手番プレイヤーの砂金取りゲームの結果を予想した賭けをします。胴元は手番プレイヤーが引き受けます。


砂金がいくつ残るのか、賭けカードから1枚選んで伏せて出し、 掛け金をボウルに入れます。
掛け金は1個か2個です。0個はダメ。

全員が賭けたら、手番プレイヤーは砂金取りゲームに挑みます。


石コロを全部皿から落としたら、残った砂金は手番プレイヤーのものに。
賭けが外れたら手番の人が没収。当たった人には手番の人が2倍にして払います。

(右下が手番プレイヤー)

ゲームの終わり

誰かの手持ちの砂金がなくなるか、袋の中のボールが3個未満になったら終了。
砂金を一番持っている人の勝ち。

上級ルール

上級ルールでは掛け金の上限がなくなります。

また、胴元としての支払ができない場合、逆に掛け金を全部没収できます。

さらに権利書カードが登場。柄はどれも同じ。


これは何かというと、最初に1枚ずつ受け取り、手持ちの砂金が尽きてしまったら、お金持ちのプレイヤーから砂金4粒と交換して貰えるカード。借用書ですな。
当然、ゲーム終了時には砂金4粒として数えます。


<感想😄>

大皿のアクションに目が行きますが、このゲームのキモは賭けですね。
予想通りに砂金を残してしまうと、賭けの支払いで逆に足が出る結果になります。
かといって裏読みして思い通りに残せるかというと、そこは大皿の扱い次第なのでw
予想ということで、娘には早いかなと思いましたが、そんなこともなかったです。
3枚のカードから出すだけですし、それも最初から砂金が1個しか無ければ0か1かの2択になるし。
賭け額も1個か2個なので、自信があれば2個、自信が無ければ1個と、子供には分かりやすいです。
というわけで、初めて娘と遊びましたが、倍近く差を付けられて負けましたw

セカイモンで購入)


イグルーポップ / イヌイット igloo pop


イグルー(家)の中のビーズの個数を、音を頼りに当てる

<内容物と準備>

イグルーを中央に、カードを9枚をまわりに並べ、チップを各自10枚持ちます。


イグルーの中には、ビーズが2~13個入っていて、底にはその数が書かれたシールが貼ってあります。要はこの数を当てるゲームです。

<遊び方>

よーいドンで一斉にイグルーを取っては耳元で振り、音を聞いて中のビーズの数を予想します。もちろん底面の答えを見てはダメ。

予想したら、目印にチップをイグルーに差し込み、予想した数の書かれたカードの上にイグルーを置きます。
分からなければ元の場所に戻します。

で、全部のイグルーがカードの上に置かれるか、だれもそれ以上取らなくなったら得点計算。


正解


正解したら、刺してあるチップを回収し、カードを貰えます。
カードに描かれている人数が得点となります。

ハズレ


外れたら、チップは没収(ゲームから除外)となります。
カードはそのまま動かしません。
ちなみに、このカードは「6」と「7」のイグルーの両方とも正解扱いになります。

正解者が複数


正解者が複数いれば、大きい数字を当てた方がカードを貰います。
正解者のチップはそれぞれの手元に戻ります。


正解者とハズレが混在


正解者のチップは手元に戻ります。
カードは最大の数を当てた正解者の元に行きます。
ハズレのチップはカードを取った正解者の所へ行きます。
これはゲームには使用しませんが、最終得点で同点の場合には奪ったチップが多い方が勝ちとなります。

ゲームの終わり

何度かラウンドを繰り返して、誰かのチップが無くなるか、カードが無くなれば終わり。
点数が多い人が勝ち。

<感想😑>

娘に説明をしている辺りから暗雲が立ちこめていましたが、何とか奮い立たせてゲーム開始。答え合わせをしてみると、ひとつも取れていない・・・それで心が折れちゃって1ラウンドで轟沈。
6歳の娘には早すぎました。
ルール自体は簡単なので、ゲーム慣れしてなくても勘の良い子でしたら5歳でも楽しめると思います。

イグルーは一旦組み上げたら分解不可能で、ガワが固定されるのがちょっと残念。
見えるところにあるバリとか成形の綾で、これ何回も遊んだらきっと外見だけでわかるやつが出てくるんですよね。
ゲームそのものはアイデアも光ってて面白いと思うんですが。
セカイモンで購入)

2017年9月14日木曜日

発売元に確認したルールの疑問点

発売元に確認した、明確化したいちょっとしたルールの疑問点などを纏めました。

「取説よく読めば分かるだろ」と思うでしょ?
英語苦手な自分としては、英語ルールを読み込むのって大変なんですよ・・・単語の選択の仕方で意味を持たせてるとかあるし。空気嫁的な書きぶりもあるけど文化的背景が違うから読んだ空気に自信持てないし。聞くは一時の恥、聞かぬは一生のルールミス。
大人用ゲームについても聞いています。

下記リンクから読めます。右サイドのリンクからも飛べますが。
https://boardgamefromshizuoka.blogspot.jp/p/blog-page.html

今後も何か聞く機会があれば適当に更新します。

2017年9月9日土曜日

マーブルすくい Tolle Torte


しゃもじでマーブルをすくって、一秒でも早くケーキを作る。

<内容物と準備>

6色のボールを箱に入れ、お皿としゃもじを一個ずつ配り、カードは混ぜて伏せた山札にします。簡単!

<遊び方>

カードをめくって、一斉にボールをしゃもじですくいます。


一番早くできたら、カードを貰えます。


最初にカードを5枚集めた人の勝ち。

<感想😄>

「ランスロット静岡」という静岡市のゲーム会に娘と参加した際、遊ばせてもらった「Monster Torte(HABA社)」が楽しくって娘もたいそう気に入っていたので買いました。
それも、偶々こちらのバージョンを見つけたので、娘にはテーマ的にこちらの方が好みだろうと。こちらの方が古いバージョンのようです。
Monster Torteの方は遊び方は同じですが、モンスターのお菓子というテーマです。
こんなに楽しいゲームですから、男の子にもアピールしたい思いがあったんでしょうね。
いずれにしても、上手くすくえそうですくえないもどかしさが楽しいゲームです。
やはり互いのしゃもじがナチュラルに邪魔になる3~4人が面白いです。

ガラガラヘビ Rattle Snake


強力磁石による平面バランスゲーム

<内容物と準備>


ゲームボード、サイコロ、強力磁石の卵。
卵を人数で等分したら準備完了。
ガラガラヘビの卵ってこんな形してるんですね。

<遊び方>

サイコロを振って、同じ色の蛇の体のどこかに卵を一個置きます。
色盲色弱でも、ヘビの顔で色を判別できるので遊べます。GOOD!
1個置いたら次の人の番。


ガシャーン

video

ガシャーンしたら、引き取ります。
ボードから卵が落ちても引き取ります。


ゲームの終わり


手持ちの卵を全部置ききったら勝ち!


<感想😄>

手持ちの卵はボードからよく離して置いてね、と説明書に書いてあるとおり、かなり強力な磁石です。時計や携帯に注意ですね。
卵を置くために近づけると、近いところの卵が揺れますが、それだけでなく、その卵が揺れることでまわりの卵もゆらゆらと連鎖反応的に揺れるのでとっても怖いw
バランスゲームらしく、準備も説明も簡単で楽しい良いゲームです。